新たな建物完成 in Garden

こんにちは。連ドラ以上に連続出場Eriiです。

ども。

さて、こんだけ集めた落ち葉を、どうしようとゆうのか。
本人もまだ回答を得れてません(笑)

落ち葉堆肥というのは、世間ではメジャーですが、
炭素循環農法的にいうと、堆肥というわけでもないのですよね。

落ち葉とは炭素資材でもあり、
発酵させて「生き物」を増やすことを目指します。

さて、置き場ですよ。
置き場。

ガーデンバッグを何個も買うのは、資金的に考え物。
なんとか「あるもの」で低資金で作りたい!
堆肥枠みたいな、木の枠で囲えたら・・
ということで、
ありました。家に!

これ。そして、杭用の木。いずれも、無料。家を建てたときの足場の板と、植木屋さんからもらった生垣用の木なのです。
40年くらい前のものですが、杭用の木は、腐らないように表面を焼いてあります。

さて、組み立てていきます。

ちなみに、釘ものこぎりも使いません。というか使えません(笑)手前の板は、なぜ杭に支えられていないのに保たれているのでしょう。本人も不思議デス。

はい!完成でーす。

さて、心配はこれだけの落ち葉が入るかどうか?全部入らなくてもいいですけどね!

中はこんな感じ。

欧米なみのBIGサイズですね。
どういう風に使っていくかは、これからです。

さて、数日後の今日の様子。

先日新たに入手した公園の落ち葉、クヌギが多いです。右が袋上部、左が袋下部の葉。
左は糖化作用が始まっている模様。
さて、どちらの状態がいいんでしょうか。

Erii

広告

4件のコメント

  1. 良い繁殖槽ができたやん!

    もし米ぬかがまだあるようなら、米ぬかに水を、握れば少し水が滲むくらいにまぜこんで、そこに落ち葉の砕いたのをたっぷり混ぜ込んでビニール袋に入れて屋内で発酵させて、そこに落ち葉の砕いたのをどんどん入れて行って、1キロくらいの重さになったものを種火としてアメリカンサイズの中に固まりで入れて、徐々にその周囲の落ち葉を巻き込んで行ってみるというのはどうでしょう?

  2. りょうすけさん

    アリガトウゴザイマス!

    なるほど!
    米ぬかはまだあるので、
    種火として仕込んでいくのはいいですね。
    今の時期に種火を仕込むとして、
    どれくらい発酵させればいいでしょうか?

  3. 期間の問題はかなり答えにくいです。
    大切なのは「堆肥化させることが目的ではない」ということです。
    エサの残量と生き物の総量のバランスが大切なんだろうなと思います。

    つまり経験を積むしかないのかもしれません。
    僕も途上です。

    あと、毛布やカーペットみたいなもので建物を覆うと良いと思います。

    • りょうかいです!

      材料はあるので、色々と実験をしてみようと思います。
      毛布やカーペット・・お布団を敷いてあげるってことですね。

      通気性はわるいと思いますが、
      今は代用としてビニールシートを被せてます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中