身近な先生 in Erii’sGarden

こんにちは。今回は素顔を公開。Eriiです。年末は、みなさまいかがお過ごしでしょうか?
わたしは、今年の追い込みにかかっています。(Blogの?笑)
今回は、Gardenの様子をご紹介。
南天がわっさ~

こちら、ねぎや里芋が植わっています。

その奥には金柑。

そして、その横には温室らしきものが

庭。自然と枯れ草マルチ状態。手前はガーデンバッグ。

落葉つめてみました。

米ぬか投入

ジョウロで水を湿らせ5日後に温度をはかると・・

なんと・・中は20度にまで上がっていました。やっほー

微生物を増やすには、空気と水分調整が大事だと感じました。
それを気づかせてくれたのは、近くにある雑木林の小さい森?のようなところで。
手前が池。

ここは、池のほとりの園路だけは時間限定で開放。
奥のわっさ~としたところは、立入り禁止で人が入ってないところ。

色々な鳥の声が響き渡っています。

なんせ、立入り禁止なので、小心者のわたしは手前の場所を探索。
木の根のところに落ちてある落ち葉をめくってみます

こちらは糸状菌。

本当に、糸のように見えて、だから糸状菌なのかと納得。

今回は、糸状菌の生息環境を垣間見れました。湿り気具合とか、空気の入り具合とか。

さて、探索隊の次なるTargetは・・
お隣のお庭!
ここでは、プロ並みの野菜づくりが行われていて、
ここにもいた!先生がってかんじです。

こちらは、白菜!?まいりました。

真ん中向こうは、シロナ。他様々。
木の根に積んである炭素資材(落葉や茎など)を、土に鋤き込んでいるだけだそうです。
肥料は何も入れず、ただそれだけをしている。
まさしく、炭素循環農法ではないですか。

わたしのシロナは・・・写真まで小さい

お隣さんいわく、わたしのは植える時期が遅かったとのこと。やっぱりね。なにごとも経験です。

さて、わたしは落葉フリークでして・・
昨年は落葉が公園や街頭から取り除かれるのを憂いて、
落葉がいかに役立つかを行政に電話で訴えたりしてました。(草のこともね)

今年は落葉が取り除かれるのをただ憂うだけではなく、自分の家に持ち帰ろうとは!
落葉が好きな人には集まってくるもんですね。
また、新たに33個どっさり持って帰ってきました。
我が家には車がありませんから、汗汗、手持ちでウキウキ。

もりもり入ってます。前回のは22袋なので全部で55袋。

前回の落葉は、かりかりに乾燥させたのですが、
今回は、少し上部を開けているだけなのですが、どちらがよいのでしょう?

さぁ、次回レポは、この落葉全部を入れる木の枠完成の巻です!

以上!感謝。

Erii

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中