発酵寝床

あけましておめでとうございます!めでたい!

いつのまに収穫でしょうか?
美味しそうな大根とかぶ。

・・すみません。

滋賀の母の実家から持ってきてくれたものです。
田舎の野菜は、ほんまに美味しいです。

さて、こちらは廃菌床 11月にもらってきたものを庭に放置していましたが、

またきのこが生えてきてました!
まだまだ健在。糸状菌。

さて、これを落ち葉と混ぜて培養できないものかと、思い立ち、
実験がてら、ダンボールにこれらと米ぬかを混ぜ合わせました。
12月31日

廃菌床と米ぬか

さらに追加。

水をかけます

発酵バッグも、保温性を高めてみました。

こちらも

毛布とかカーペットがなかったので、布団です(笑)

ここにはまだ米ぬかなど入れていないので、発酵は緩やかだと思いますが、
いつか発酵熱が始まると、ここで寝てみても暖かいかもしれません。
発酵寝床。おすすめです。

さて、発酵バッグの中の熱の推移はといいますと、
●1月1日 11:45

オー45℃

上がっておりました。外は雪がちらほら降る中です。
場所によって温度は若干違います。真ん中は高く、端のほうは32℃のところもありました。

●翌日1月2日

35℃に下がっていました。

ですので、誘惑にかてず、少し空気を入れてみようと混ぜてみました。

●1月3日

温度は下がり、30℃くらいになったので、
空気を入れすぎたのかもと思い、
足でぎゅうぎゅう踏み固めてみたらどうだろうと、
そうしたら夕方には20℃に。

少し焦り、空気をほわほわと真ん中あたりから入れてみました。
また水分を加えたら温度が高まるかと思い、水分を加えました。

●翌日1月4日

中心部は35℃となっていますが、他のところは30℃くらいです。

ここで思いました。

水を加えすぎても、空気を入れすぎてもうまく働かないようだと。
踏み固めればいいというよりも、量が多いところが発酵が進んでいるように思いました。

落ち葉といえば、結構まんべんなく菌がまわっているようです。(1月3日)

これからどうなるでしょうか。

これ(1/3)以降、若干水を入れすぎた感があり、様子が今までとは違いますね。
はて、今はどの発酵段階にいるのでしょうか。
これから様子を観察していこうと思います。

Erii

広告

7件のコメント

  1. 年が明けましたね。
    こちらでもよろしくお願いします。

    今回の記事を読んでの僕の感想は

    着火材(糖分)だけが燃えてしまって、薪(炭素繊維)はくすぶっているようだ。
    でも火が消えた訳ではないので、空気をこれ以上抜かないように、水をあげないようにしながら、様子を見てみたらどうだろうか。

    です。

    今後、どの段階で土への投入とするかの見極めは、僕もまだ分かりません。

  2. >りょうすけさん
    こちらこそよろしくお願いします。
    ありがとうございます。
    そうですね。
    確かに、米ぬかのところにほとんど菌が付着しているような感じです。
    あれから温度は下がっています。
    発酵すると予想以上に水分が抜けていくのでは?とも感じています。

    • 水分が抜けて行く感じは僕も良く感じています。

      おそらく生き物の特性で水を介して色々やるからなのかなと思っています。
      だけれども、必要な水分は人の感覚よりも非常に少ないようにも思います。

      いいあんばいをつかみたいですね。

  3. >りょうすけさん

    落ち葉を発酵させてから土に入れる方法と、
    落ち葉をそのまま土に鋤きこむ方法、
    この選別がいまひとつ分からなくなってきました。

    発酵槽は、米ぬかをいれず、
    落ち葉に水を振り掛けて堆積しています。

    土を混ぜると発酵が進むと思うので、
    発酵槽に入れようかと思ったのですが、
    それなら、直接土に鋤きこむのと一緒のような気がして、
    今迷走中です(笑

    • えっと、まず僕の経験として、落ち葉をそのまま土に入れると中々発酵が始まらないというものです。

      これは元の土の状態にもよるとは思うのだけれど、とにかく食いつきが悪かったのです。なので、とりあえずカビでも何でもいいので、何かしらの微生物に食らいついてもらってからの方がいいと思いました。

      ここで落ち葉使いの課題としては、どうすれば短期間に生き物の活動が広がり元の落ち葉の状態から少し変化させるかということだと思います。

      ちょっと僕も自分でやってみようと思います。

      ぼなぺちで流すようにしますね。

      それと仮で直接土に入れて様子を見てみてもいいかもしれません。
      落ち葉を砕いたタイプ、そのままのタイプ、その両方に米ぬかを混ぜたタイプの4タイプぐらいで試してみてはどうでしょう。

  4. >りょうすけさん

    なるほど。
    確かに落ち葉は分解が進みづらいような気がしました。

    実験で今しているのは、グリーンバッグと発酵槽のほかに

    ①土の上に軽く落ち葉をまいて、表土を少し混ぜて米のとぎ汁をふりかけた
    ②米ぬかと落ち葉と土を少し混ぜて野積み
    ③落ち葉だけで野積み
    ④落ち葉と米ぬかと廃菌床をまぜた(ダンボール)

    です。
    土の中に落ち葉を入れてみるのもやってみようと思います。
    ありがとうございます。

    • その結果、僕がすごい楽しみです!

      今日、落ち葉メインのエサの仕込みを始めました。
      続報はぼなぺちにて。。。

      良い落ち葉使いになりたいです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中