【レポート】6/3『武藤北斗さんストーリーテリングとオープンダイアローグ 』 ~震災後、大阪(地元)で私たちができることは?~

こんにちは。

6/3(金)に開催しました『武藤北斗さんストーリーテリングとオープンダイアローグ 』

~震災後、大阪(地元)で私たちができることは?~ の活動レポです。

 

サーファーでもあり反核活動家としても有名な武藤北斗さんというストーリーテラーの力はやっぱり強力で、体験者の話はストレートに心に響いてくることを実感しました。

 

北斗さんが働く岩手県石巻は今回の津波の被害が最も大きかった地域の一つと言われていますが、その津波がリアルタイムで押し寄せる写真のスライドも見せて頂きました。

個人的には、サーファーとして海の津波の本当の恐ろしさを改めて実感し、自然との接し方を考えさせられるものになりました。

また、原発の本当の恐ろしさについても震災後の一週間の避難暮らしで北斗さん家族が体験したことをリアルな言葉で語ってくれました。

その恐ろしさについては、様々な事実が今になって明るみになる状況に対して、事故当時単なる無知から無意識に被爆された沢山の方がいることの本当の意味を私たちは理解する必要があるのかも知れません。

 

これまで北斗さんは、いわゆるトークイベントなどでは周りの反発・反応をを考慮し発言を押させていた部分があったようですが、今回のオープンダイアローグという特別な場では初体験にもかかわらず勇気を持って本当の気持ちを語ってくれました。

そのことで、参加された方々も本当の気持ちをその場でシェアすることが出来て、これから大阪(地元)でそれぞれが出来ることのタネを持ち帰ることが出来たようでした。

 

参加されたみなさん、ありがとうございました。

また『武藤北斗さんストーリーテリングとオープンダイアローグ 』 を引き続き行う予定です。
お楽しみに。

 

以下に参加者のみなさんの声をご紹介します。

 

・それぞれが違った想いを伝えられる輪、否定無く聴く輪、その輪が小さくても
 色々なところに広がることがとても大切と感じます。
 今、本当に今までの生活でいいのかな、と考えてみる大きなきっかけになって
 いると思います。
 良い、悪い、正しい、正しくないではなく、自分は何を大切にしたいのか
 自分の中心を感じる、そこで行動できる自分に戻っていきたいと思っています。
 (S.R.さん(女性))

 

・想いを語ることの大切さを改めて感じました。(鹿島さゆりさん)

 

・皆さんに出会えたことに感謝です。
 武藤さんありがとうございました。(ミカンちゃん)

 

・自分の気持ちがわかってきました。(定久典哲さん)

 

・震災にあわれた方の話を聞いてTV等で聞くのとは違って身につまされました。
 (himemacさん)

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中