てきとう塾 第11弾操体法ワークショップ『きもちのよさをココロと体に響かせる』 ご報告◎

10月28日(日)、

京都の操体家のウエダさんをお招きし、(http://uedaryota.exblog.jp/)

操体法ワークショップ『きもちのよさをココロと体に響かせる』 を開きました。

 

会場は、吹田にある「モモの家」

 この日は、丹波の「たべられる森農園」の玄米を土鍋で炊いたおにぎり。

最近焼き芋屋をはじめた、たっちゃんの焼き芋と、伊勢の和紅茶。

和歌山の「むすび農園」の無農薬乳酸菌栽培のみかんをふるまわせていただき、

 

しっとり雨のうるおいと、やわらかな光のなか、

きもちよ~く行われました○

 

 

~ 第1部 「自然体で立つ、動く」 ~

まずは、操体法とはなんぞやということから。

 

人間が最低限、自分でしなければならないこと。

①    息をする ②食べる ③動く ④想う

 これに加えて、「環境」。そのバランス。

 

 この中の、③動く の部分を主に扱うのが操体法。

病を治すのはだれ?

お医者さんが治す?薬が治す?

 

病を治すのは自分の身体。

自分の身体の治し方は、自分が知っている。

 自分の身体に治し方を聞いて、自分で治す。

 きもちのよさは、からだがおぼえる。

きもちのよさを感じることで、調和する。

底上げをする。

 

そんなお話からはじまりました。

 

各自、自然体で立ち、重心の掛かっている位置を感じて、確認。

正しい重心の位置/からだの扱い方を体感し、比較。

 

慣れない動きを確かめながら、次第に

「おぉ」「あぁ~」「へ~っ」と

なるほど、ニヤリと進んでいきました○

 

休憩時間には、ふるまいをおいしくいただきつつ、

酵素ジュースのお話や身体のお話などなどワイワイと◎

 

身体の動かし方は8つ動きの組み合わせ。

旋回(左右)、左屈・右屈、前屈・後屈、伸びる・縮む。

それぞれのきもちよい扱い方。

目線の使い方、手の指の使い方、足の指の使い方、連動。

荷物持つとき、こうするとラクだよ~ などなど

きもちよさを味わいつつ学びました○

 

 

~ 第2部 「きもちのよさでからだを操る」 ~

きもちのよさを感じる、診断する。

1番きもちいいをつづけて、

ふぅ~。。。 力をぬく。

 

各自銘々、気持ちのよさを感じて2時間ほぼまるまる、ごろごろ~うに~~んと。

自然にからだが動きだす。

 

 たまに起き上がると、みなうっとりした表情。

温泉上がりさながら、ふや~っとなっているのが印象的でした。

ワークショップ後も話はつきず、ゆっくりと。

ふか~いお話もたくさん。

参加者のからだにも、少しずつ変化が?

 

そんなきもちい~~1日でした○

 ご参加いただいたみなさま、ありがとうございます◎

 

好評につき、またしたいね~という話になりました。

開催の際にはご案内させていただきます○

どうぞよろしくおねがいしますっ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中