5月21日-22日アクティブホープワークショップ@千里

こんばんは! TT神戸の宇佐見博志です。
いかがお過ごしでしょうか?

さて、今週末、5/21-22(土・日)に、アクティブホープワークショップをします。
浜松からひろみん(杉浦ひろみさん)をお迎えして、大阪で開催します。

今の時代には、「痛み」を深く受け入れて、その痛みの裏にある情熱や愛に気づき、そこから行動を起こしていくことがとても大切だと感じています。
ぜひ「アクティブホープ」を一緒に学び、深めていきましょう。

日 時:5月21-22日(土・日)10-18時
場 所:大阪府吹田市 阪急千里山駅前の会場
参加費:18,000円
定 員:15名(現在5名お申込みです)
詳細とお申込:
http://kokucheese.com/event/index/386109/

「アクティブ・ホープ ~ つながりを取り戻すワーク」

このワークショップでは、たとえどのようなことが人生や世の中で起きようとも、それに圧倒されることなく、つねに希望と勇気を失わずに心から望む変化を起こしていくにはどうしたらいいかを学びます。

タイトルにある「アクティブ・ホープ(Active Hope)」とは、直訳すると「積極的な希望 」あるいは「能動的な希望」という意味になります。希望は通常、状況が自分にとって望ましいものとなった時に自然と湧いてくるものだと考えられがちですが、実はそれは状況がどうであるかにかかわらず、自分が選ぶことのできるものだというのが、このアクティブ・ホープの考え方です。

これはもともと仏教哲学者にして環境・平和活動家であるジョアンナ・メイシーが70 年代に開発した「つながりを取り戻すワーク」をベースとしています。自分や他者、自然、過去と未来などあらゆるものとのつながりを取り戻すことがアクティブ・ホープに至る道だと彼女は説いています。

この2日間のワークショップでは、じっくりとこのワークを体験していただき、アクティブ・ホープという生き方を身につけていただくことをめざしています。

★講師:
宇佐見博志(うさみひろし):
NPO法人セブンジェネレーションズ代表理事
「アクティブ・ホープ日本語版出版準備委員会」に関わる。
外資系消費財メーカーで28年間勤務したのちに現職。環境・社会にも、私たちにもよい生活のあり方を探求し、希望をもって心から望む変化を起こしていくことにコミットしている。自然や身体のリズムに基づく、マヤ暦「13の月の暦」も詳しい。

杉浦 ひろみ:
コーチング・フィル代表
CPCC(Certified Professional Co-Active Coach)
米国NLP協会トレーナーアソシエイト
チェンジ・ザ・ドリームシンポジウム ファリテーター
トランジション・タウン浜松
コーチング、NLPなどを通じて、人生の本質と向き合いそれに基づいて生きる大切さに気づく。2007年よりコーチとして独立。パーソナル・コーチングを中心に活動中。
また、個人の変化だけでなく、社会全体の変化の必要性を感じトランジション・タウン活動を開始。コアメンバとして活動中。
ジョアンナ・メイシーの思想は、自らの活動を起こすきっかけでもあり活動を続ける支えとなっている。

どうぞよろしくお願いします。
宇佐見博志

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中